私たちの想い

私たちの取り組み

合格奮闘記

見事志望校に合格した、先輩の奮闘記です。

中央高等学院の大学入試コースから、見事志望校に合格した先輩の奮闘記です。

卒業
2010年3月
通信制高校サポートコース、大学入試コース卒業
四年制大学法律学部法律学科合格
年齢
18歳
校舎
吉祥寺本校
中央高等学院に入学するきっかけ

商業系の学校に通っていました。その学校から進学するつもりでいましたが、そこからは商業系の大学にしか行けませんでした。文学部か法学部に行きたいという思いがあったため、それを実現するために、この学校へ転校しました。

自分流の勉強法、工夫したこと

時間を自己流に使えたと思います。寝る前に暗記をするといいという話を聞いたので、寝る前に英単語などの暗記ものをやって、朝5時頃に起きて、試験問題を解いてから学校に行くという毎日を送りました。朝に試験問題をすることで、学校に行ってから先生に採点をしてもらったり、質問をしたりできるので、サイクルとして良かったと思います。
志望校のオープンキャンパスや文化祭に行ったことで、「大学に入りたい」という気持ちが高まりました。合格した大学は、雰囲気がよく、図書館も大きくて、勉強しやすそうで一目ぼれをした大学でした。
受験勉強をするうえで、友達と先生の存在は本当に大きかったです。
同じ大学を受ける友達と模擬テストやセンタープレテストなどの試験の点数を競いあいました。この友達がいたから、勉強をがんばれたと思います。私は長女なので、家族で大学受験をするのは私が最初でした。家族にとっても受験は初体験だったので、そういう意味でも友達の存在は本当に大きかったです。
勉強で疲れた時に先生が話しかけてくれて、たわいもない話をしてくれたのも、心の支えになって、リラックスして勉強に臨めました。

合格の瞬間のこと

合格発表のWebサイトに受験番号を入力する時は、本当に緊張して、なかなかクリックできませんでした。母も私の後ろでドキドキしながら、見守っていました。勇気を出して、ボタンをクリックして、合格したと分かった瞬間は、母と飛び上がって喜びました。すぐに父にも電話で知らせました。その後、学校に報告に来たのですが、先生もハイテンションで喜んでくれました。その時に先生が言ってくれた「がんばってたもんね。」という一言が、がんばりを認めてくれたと感じてすごく嬉しかったです。

試験を終えた“今”思うこと

勉強は大変でしたが、本当に充実していました。先生や友達と一体感を持って、
一つの目標に向かって取り組めたことは、すばらしい経験でした。

中央高等学院は、広域通信制高校・中央国際高等学校の指定サポート校です。
中央高等学院に通うことで、単位取得から進級・卒業に必要な全てのサポートを受け、99%高校を卒業することができます。

「高校を卒業する」「高卒認定資格を取得する」ことは、社会に出るうえで非常に大きな意味を持ちます。大学・短大・専門学校に進学することはもちろん、就職など将来の道が大きく拓けます。だから、中央高等学院は高校卒業・高卒認定取得をしていただくために徹底的にサポートします。

なんでもご相談ください!

  • 資料請求はコチラから
  • 学校見学はコチラから
無料相談ダイヤル

0120-89-1146(いい進路)

受付時間 月~土 10:00~21:00 日祝日 10:00~17:30

不安・お悩み・疑問。何でも気軽にお電話でご質問ください!  経験豊富なスタッフが責任を持って対応させていただきます。