中央高等学院 Blog GREEN ROAD

2019年度 第1回サニーライフインターンシップ

投稿日:
2019年07月09日(火)
カテゴリー:
介護福祉就職コース

7月6日(土)に介護福祉施設サニーライフ東京新宿にて、

2019年度1回目のインターンシップを行いました。

 

はじめに施設職員の方からお話を聞いて、施設での働き方の概要を伺いました。

その職員の方は、以前は営業の仕事をしていたのですが、

なんと50歳を過ぎてから、一念発起して介護職へ転職したそうです。

人の役に立つ仕事がしたいという強い思いを持っているとのことです。 

20190706_1.jpg

 

 

入居者さんのお部屋を尋ねて、生活の様子を見させてもらい、お話も伺いました。 

20190706_2.jpg

 

 

食堂に集まっている入居者さんともお話する機会を持てました。

耳が遠いこともあり、私たちの話を伝えることの難しさを感じました。

20190706_3.jpg 

 

 

 ずっとフラダンスをされていたという入居者さんから基本ステップを教わりました。

20190706_5.jpg

 

訪問させて頂いたお礼に、カラオケで歌を披露しました。

20190706_4.jpg

 

はじめての施設訪問でありましたが、臆することなく楽しく活動できたようです。

次回は9月を予定しています。

チーム☆キズナ活動報告-震災当時のこと

投稿日:
2019年07月09日(火)
カテゴリー:
GREENDAY

こんにちは、中央高等学院・チーム☆キズナです。

7月8日(月)に、2019年度第5回目のチーム☆キズナのミーティングが行われました。この日も、山元タイムの山下さんがいらっしゃいました。

前回のミーティングの際に、東日本大震災で被災した山下さんから、当時の話をしていただきました。今回は、当時の報道写真などをみながら、被災した時の話をしていただきました。

IMG_4935.JPG


IMG_4937.JPG

 

津波で壊れた瓦礫の上を「もしかしたらこの下には死体があるかも」と考えながら歩いて自宅まで毛布を取りに行ったこと、自衛隊の人たちが簡易お風呂を作ってくれたこと、ポランティアでサポートしてくれたNPOのこと…。

震災当時、まだ幼稚園〜小学校低学年だった現役の高校生には、少々ショッキングだっのかもしれません。話を聞いた後はみんななかなか声が出ませんでした。

7月末には希望者は実際に被災地を訪問します。またそこで被災された方からお話を聞く機会があります。

ミーティングの後半では、GREENDAY当日に着るTシャツにつける背番号をプリントする準備とミサンガの糸をひたすらよりました。みんなコツを掴んできたのか、前々回やった時よりもスピードがアップしたように感じました。

IMG_4945.JPG

次回からはいよいよミサンガを編む作業に入ります。


 


 

 

 

 

この日は、ミーティングの前半で、前回案出しをしていたTシャツのデザインも決まり、GREENDAYまでにやらなければならないことが着々と進んでいきました。

次回は、いよいよ編み方を習います。

 



 

 


 

 

チーム☆キズナ活動報告-Tシャツのデザインが決定

投稿日:
2019年06月18日(火)
カテゴリー:
GREENDAY

こんにちは、中央高等学院・チーム☆キズナです。

6月17日(月)に、2019年度第4回目のチーム☆キズナのミーティングが行われました。この日は、前回に引き続いて山元タイムの山下さんがいらっしゃいました。

チーム☆キズナは、東日本大震災で被災された方への支援を目的として活動していますが、前回のミーティングの時に、震災が起きた当時メンバーの多くが小学1年生だった、ということがわかりました。なので、当時どんなことが起きていたのか知らない(または覚えてない)生徒も多いのです。

そういう状況が改めてわかったので、今回、山下さんはご自身が被災した時の話を詳しく教えてくれました。

山下さんは近隣の高校の体育館に避難したのですが、電気も水も通じない中で、その高校の生徒たちが、トイレ用のプールから水を運んてでくれたり、お年寄りの方をストーブのそばまで連れて行ったり、すごく頑張って働いてくれていたという話をされていました。

「今また同じような災害が起きたら…まずは自分の身を自分で守ることを第一に。その上で高校生であるみんなは、きっと何かができるはず」という言葉が印象的でした。

今後も、折を見て震災時の話をしていただけるそうです。


そして今回は、GREENDAY当日にみんなが着るTシャツのデザインの細かい部分の調整をしていきました。前回までで、1年生の女子生徒が描いたイラストを起用することが決まりましたが、文字を部分をどうするかなど、微調整していきます。途中意見がわれたりもしましたが、「キズナをつなぐ」というメッセージ性の部分を生かす案を採用することになりました。

IMG_4829.JPG



ミサンガ制作の作業は、前回習った糸をよる作業の続きをしましたが、時間がなくて編むところまではできませんでした。まだまだ決めるべきこと・作業するべきことがてんこ盛りです。

IMG_4822.JPG


次回は、7/8開催です。

 



 

 


 

 

チーム☆キズナ活動報告-ミサンガ制作スタート

投稿日:
2019年06月05日(水)
カテゴリー:
GREENDAY

こんにちは、中央高等学院・チーム☆キズナです。

6月3日(月)に、2019年度第3回目のチーム☆キズナのミーティングが行われました。この日は、山元タイムの山下さんがいらっしゃいました。

IMG_4753.JPG


山下さんは、宮城県山元町で2011年3月11日のあの日、宮城県山元町で被災されました。自身も避難生活をしながらも、炊き出しなどの活動を通じて出会った、同じように避難生活をしている地元のお母さんたちともの作りチーム「山元タイム」をスタートさせました。

山元タイムでは、地元のお母さんたちが手作業で毛糸のタワシやオーガニックコットンのミサンガなどを制作、販売しています。活動の目的は販売ではなく、被災した人たちが集まり一緒にもの作りをすることで、絆を深めること。今では大手デパートや有名アーティストとのコラボ商品なども誕生しています。

山下さんは、我々チーム☆キズナの活動も、何年も前からサポートしていただいています。今年は、山下さんと一緒にみんなでミサンガを作ることになりました。

ミサンガは、カンボジアの元は地雷源だった畑から作ったオーガニックコットンで作ります。生の糸のままだと細すぎてミサンガを編むことができないので、まずは、糸を3〜4本まとめてより、太めの糸を作る必要があります。

今日は、山下さんが色とりどりの糸を持ってきてくれたので、みんなで糸のより方を習いました。けっこうしっかりよらないと糸がまとまってくれず、最初はみんな苦戦します。でも、しばらく集中しているとみんなコツがわかってきて、黙々と作業をしていました。40分くらい続けて、だいたい、一人平均4〜5本の編み糸を作ることができました!

IMG_4766.JPG

 

IMG_4765.JPG

 

この日は、ミーティングの前半で、前回案出しをしていたTシャツのデザインも決まり、GREENDAYまでにやらなければならないことが着々と進んでいきました。

次回は、いよいよ編み方を習います。

 



 

 


 

 

チーム☆キズナ活動報告-Tシャツのデザイン

投稿日:
2019年05月28日(火)
カテゴリー:
GREENDAY

こんにちは、中央高等学院・チーム☆キズナです。

5月27日(月)に、2019年度第2回目のチーム☆キズナのミーティングが行われました。第1回目である前回は、「キズナの活動ってどういうことするの?」の説明やスケジュールの確認だけで終わってしまいましたが、この日から少しずつ実作業に入っていきました。

この日は、GREENDAYイベント当日にキズナのメンバーが着るTシャツの案を出し合いました。4つのチームに分かれて案を考え、最後に、チームごとに考えたデザイン案を発表しました。

IMG_4132.JPG

デザイン案を考えている間、ワイワイとにぎやか過ぎるほどにぎやかだったので、側で見守っている先生たちは内心、「大丈夫かな?ちゃんと考えてるのかな?」と、若干不安ではありましたが…、いざ発表を聞いてみると、「サッカー場で着るものなのでサッカーファンに対して目立つようにする」「チーム☆キズナ=絆の意味」を各チームが感じ取り文字やイラストで表現しようとしていて、どれもステキなデザイン案ばかりでした!

IMG_4142.JPGのサムネール画像

みんなが考えてくれたデザイン案を元に、これからデザインをまとめあげていきます。どんなTシャツになるのか、楽しみですね!!

 

そしてミーティングの後半では、みんなで名前を覚えるゲームをしました。

このチーム☆キズナは、毎年関東の校舎から有志が集まって結成するので、お互いのことを知らない生徒も多いのです。たとえ同じ校舎でも、学年が違えば初対面同志の場合も当然あります。

 

この名前を覚えるゲームでは、まずはみんなで輪になりました(人数が多いので、2グループに分かれて2つの輪を作りました)。そしてグループでひとつのボールをパスし合うのですが、パスするときに、必ず相手の名前を呼ばないといけません。名前を呼ばれた人は、返事をしてからボールを受け取ります。

最初は知ってる人にだけボールを回しがちでしたが(男子は男子に、女子は女子に。笑)、しばらくするとボールがみんなに回るようになってきました!

IMG_4146.JPG

ボール回しゲームに慣れてきたので、また別のゲームを始めます。

次は、声は出さずに、名前の五十音順に一列に並んでみる、というルールのゲームです。

ちょっと戸惑いつつも、2チームとも全員正解!みんな覚えるのが早いですね!!

そんな感じで、この日のミーティングは笑ったり照れたりワイワイとにぎやかに終わりました。

 

来週のミーティングでは、イベント当日に販売するグッズについて作業していきます。

 

 

 

 

 

中央国際高校卒業生の渡辺皓太さんが日本代表に選出

投稿日:
2019年05月26日(日)
カテゴリー:
インフォメーション

こんにちは、中央高等学院です。

提携の通信制高校・中央国際高校を2016年度に卒業した渡辺皓太さん(東京ヴェルディ所属)が、5月24日、コパ・アメリカに臨む日本代表に初選出されました!


U-15の世代から、何度も日本代表に選出され、高校在学中から東京ヴェルディ所属選手として活躍してきた渡辺選手。A代表に選ばれるのは初めてのことです。


代表に選ばれたことに対して、渡辺皓太選手は

「今回、コパアメリカに出場する日本代表に選出されました。

 チームの調子が上がってきて大事な試合が続く中でチームを離れることになりますが、一日一日を大切にして、成長して帰ってきた時に今よりもチームに貢献できるように頑張ってきます。まだリーグ戦には出場するので、合流するまでチームのために頑張りますので、引き続き応援をお願いします」(東京ヴェルディホームページより)と語っています。


卒業生がこうして[世界]に羽ばたいて行くのは非常に誇らしいです。

CONMEBOLコパアメリカブラジル2019は2019年6月14日(金)に開幕します。みんなで渡辺選手と日本代表を応援しましょう!



 


 

 

チーム☆キズナ活動報告-2019年度の活動開始!

投稿日:
2019年05月17日(金)
カテゴリー:
ボランティア活動

こんにちは、中央高等学院の「チーム☆キズナ」です。

今年も「チーム☆キズナ」の活動がスタートし、第1回目のミーティングが渋谷原宿校で行なわれました。


IMG_3970.JPG

 

「チーム☆キズナ」とは…中央高等学院の各校舎から有志の生徒が集まって、さまざまなポランティア活動を行っているグループです。

これまで東日本大震災や熊本地震で被災された方へ寄付活動などを毎年続けていて、2014年には、その活動が認められ、日本フィランソロピー協会より『第17回・まちかどのフィランソロピスト賞・奨励賞』を受賞しました。

この日行なわれたミーティングには、10年近い歴史の中で過去最高かも?という数の生徒が集まってくれ、渋谷原宿校のいちばん広い教室がいっぱいになってしまいました(嬉しい悲鳴)。

 第1回目ということもあり、これまでの先輩たちが行なってきた活動内容の映像を見たり、今年のスケジュールについての説明がありました。

そして、これまでずっとキズナの活動をサポートしていただいている一般社団法人LOVE FOR NIPPOONのキャンドルジュンさんが、被災地の現状についてお話をしてくれました。


IMG_3971.JPG


全体的に1年生が多かったですが、去年からひき続いて参加を希望する生徒も数多くいました。

「チーム☆キズナ」では今後、10月に行なわれるイベント「GREEN DAY」で販売するためのグッズを制作します(その収益金が寄付にあてられるのです)。

これから本格的な活動に入っていきますが、まだまだメンバーを募集中です!

「ボランティア活動してみたい!」「他校舎の生徒とも仲良くなりたい!」という在校生の方は、ぜひ気軽に参加してください。

次回のミーティングは5/27  16時〜渋谷原宿校で行ないます。

 






 

卒業生の加藤美優さんが2019世界卓球に出場します

投稿日:
2019年04月05日(金)
カテゴリー:
インフォメーション

こんにちは、中央高等学院です。

吉祥本校を2017年度に卒業した加藤美優さん。

6歳から卓球をはじめ、高校在学中にも全日本卓球やTFTワールドツアーで何度も上位入賞するなど活躍していました。

そんな加藤さんが、3月3日に行われた、「2019年世界卓球選手権日本代表選考会」で優勝し、日本代表に選ばれました!!


↓↓決勝戦の様子↓↓

 

実は、この大会の数日後、都内で練習中の加藤美優さんのところに撮影にお邪魔しましたー。

dsc_2036.JPG

 

dsc_2038.JPG

 

世界卓球選手権は、2019年4月21日(日)~2019年4月28日(日)、ブダペストで開催され、その様子は4月23日11:30〜 テレビ東京系列で放送されます。

みんなで応援しましょう!!!!

加藤美優さんのtwitter @miyukato0414

加藤美優 🧸 🍼
@miyukato0414 フォローされています

 

 

 

 

 

 

 

 

JASA STN杯でバスケットボール部が3位

投稿日:
2019年03月26日(火)
カテゴリー:
中央CLUB(クラブ活動)

こんにちは、中央高等学院 バスケットボール部basketballです。

 

3月25日(月)に開催された、JASA(日本オルタナティブスクール協会)とSTN(通信制高校・サポート校・東京ネットワーク)が主催するバスケットボール大会「第7回 JASA STN杯」出場し、「男子の部」でshine3位shineという好成績をいただきました!

 

1試合目は、東京文理高校と対戦しました。順調に得点を重ね、41-7で大勝scissorsしました


IMG_3002.JPG!


IMG_2953.JPG

 

 

しかし、2試合目では先制点を取られた後、こちらも激しく攻めるもなかなかゴールが決まらず、18-27で敗れてしまいましたdown

IMG_3084.JPG

 

3試合目の3位決定戦、相手はKTCおおぞら高等学院です。

第1Qでは、お互いの激しく攻め合いますが双方共になかなかゴールが決まらず、ロースコアで終了します。続く第2Qでも、膠着状況が続きますがなんとか逆転に成功し、16-13で終わります。最終の第3Qでは、交互に点を取り合うような激しい展開になりましいたが、なんとか逃げ切って33-22で勝利! 3位を勝ち取りましたsign03


IMG_3058.JPG


IMG_3206.JPG 


IMG_3192.JPG

 

卒業式も終了しましたが、3年生も参加してくれて、高校最後の試合となりましたcherryblossom。最後までよく頑張ってくれましたgood

 

集合01.jpg

老人介護施設で働く卒業生に会ってきました

投稿日:
2019年02月12日(火)
カテゴリー:
介護福祉就職コース

こんにちは、介護福祉就職コースです。

 今日は、2018年3月に池袋校を卒業し、サニーライフの老人介護施設で働く遠山くんのもとに取材に行ってきました。

 高校3年生の時から介護福祉就職コースに在籍していた遠山くんは、当時から老人介護施設でのインターンシップに熱心に取り組んでいました。

 4月に就職したばかりですが、今では夜勤リーダーを勤める機会も多く、現場の先輩たちや入居者の方々からの信頼も厚いそう。仕事内容や生活についてじっくり聞いてきました!

IMG_2408.JPG 

----入社して約10ヶ月ですが、仕事内容を教えてください。

遠山くん:主に入居者の方の排泄介助や入浴介助ですね。最近は夜勤が多いです。

 

----夜勤の時の、業務内容を教えてください。

遠山くん:0時と4時に排泄介助があって。あとは夜間に容態が急変した方が出た場合は、救急車を呼ぶこともあります。これまで3回呼んだことがあります。亡くなった方の対応も2度経験しています。

 

----急変の時は、どんな感じですか? ナースコールで呼ばれたりするのでしょうか。

 遠山くん:熱があるなど、前日から危険な兆候が見られる時は、夜間様子観察といってこちらでも重点的にチェックはしています。21時と6時の血圧測定時には、その時の様態によっては病院に連絡して指示を仰いだりします。救急搬送する際は付添いもします。

前日まで自分で食事もとっていた方が、朝6時の起床介助の時に部屋に行ったら冷たくなっていたこともありました。

 

----入社して1年も経たないのに、いろいろな経験をしてますね。夜勤の時は、どういうスケジュールで働いてるんですか?

 遠山くん:16時に出社したら、18時過ぎくらいまでは夕食のための誘導と夕食介助を行います。夕食後、入居者の方は基本的にお部屋に戻られます。我々は、徘徊の傾向がある方などへの見守りをしながら、書類作成を行います。書類にはみなさんの食事や水分の摂取量などを記録します。19時以降は、投薬介助をします。21時までには書類作業のまとめをし、本部に定時連絡を行います。21時半くらいから、自分も休憩をとります。

 

----ナースコールで呼ばれたりすることはありますか?

 遠山くん:ありますね。少なくとも1時間に1回はコールで呼ばれます。中にはコールボタンを押していることに気づかず、鳴らし続けている方もいらっしゃいますが、放置することもできないので、その都度お部屋に伺います。不眠症で「寝られない」と言って、1、2分ごとに鳴らす方もいます。

 

----そういう方にはどういう対応をするんですか?

 遠山くん:とりあえず部屋に伺って、声かけして、気を鎮めるしかないです。介助への拒否が強い方、触られるのがイヤな方とかもいるので、こちらも気を使う必要があります。部屋から出て歩き回ってしまう方もいるので、0時過ぎくらいまでは自分も施設内を走り回ってる感じです。

 

----真夜中もずっとバタバタと忙しいんでしょうか?

 遠山くん:2時間に1回見回りはありますが、夜中はさすがにみなさんおやすみになるので、そこまでバタバタはしてないです。1時くらいには、自分も休憩をとります。

 

----朝の仕事はどういう内容ですか?

 遠山くん:朝は朝食介助と朝礼、日勤の方への申し送りをして、9時に業務終了です。

 

----日勤と夜勤はどちらが大変ですか?

 遠山くん:夜勤は1回で「2日間勤務した」扱いなので、ある意味ラクですし、夜勤手当もつくので、お給料が増えて嬉しい面もあります。日勤は1回の勤務時間が短い分、あっという間に時間が過ぎる感覚があります。またスタッフの数が多いので、何かあった場合心強いですね。

 

----夜勤と日勤のシフトがいろいろ変わることで、体調はどうですか?

 遠山くん:入社当時はずっと日勤だったのですが、8月に初めて夜勤に入ってからは、夜勤のが多くなりました。夜勤の前は、寝溜めしておかないと後で辛いので、お昼くらいまで寝てしまいます。夜勤明けはお休みなので、しっかり寝るようにしています。


IMG_2418.JPG 

 

----「介護職員初任者研修」はいつ取ったんですか?

 遠山くん:学校を卒業してすぐ、5月に取りました。受講費用が無料になる制度を利用し、3ヶ月で取得できました。取得すると会社からは手当もつくので、受講してよかったです。

 

----高校生の頃から、机に座って勉強するより、実習の方が得意だった印象がありますね。

遠山くん:そうですね、「体で覚える」方が得意かもしれません。

 

----高校生の時から、介護福祉について勉強はして来たけど、実際に働いてみて、イメージと違ったことはありますか?

 遠山くん:認知症の方への対応、声かけの仕方ですね。高校の授業でも、否定してはいけない、と習ったんですが、難しいです。

あと、排泄介助の声かけですね。オムツをしている方が、出ているかどうかが気になってしまって3分に1回くらいトイレに行きたがったり。最近は、トイレに行った時間を記録したものにサインしてもらい、「ちゃんと行きましたよね」と確認してもらうようにしています。

 

----それはつまり、排泄したオムツをそのままつけているのが気持ち悪いからトイレに行きたがるということ?

 遠山くん:いえ。実際は排泄してないのに、したような気がして、気になってしまうんです。トイレに行っても、出したばかりなので出ないんです。

 

----想像していたより、この仕事は大変でした?

 遠山くん:覚悟はしていたので。想像していたより「ちょっと」大変なくらいですw でも周りから信頼されている感触はあるので、充実もしています。

 

----これから頑張りたいことはありますか?

 遠山くん:次は「介護福祉士実務者研修」取りたいです。最終的にはケアマネージャーを目指したいですね。

 

----では最後に、介護福祉就職コースで学ぶ後輩にメッセージをお願いします。

 遠山くん:大変な仕事だとは思いますけど、介助のたびに感謝されるので、やはりそれはやる気になりますね。今、この施設では自分が最年少なんで、後輩が増えたら欲しいです!

IMG_2413.JPG 

高校を卒業して10ヶ月。すっかり頼もしくなり、自信をもって働いている感じが伝わってきました。

4月からは、千葉校の卒業生が入社予定です。後輩の指導もよろしくお願いします!