中央高等学院 Blog GREEN ROAD

チームキズナ「LOVE FOR NIPPON」事務局へ

投稿日:
2011年12月21日(水)
カテゴリー:
ボランティア活動

 

12月19日中央高等学院の活動を通して集めた募金や義援金を持って

『LOVE FOR NIPPON』の事務局へお伺いしました。

 ※中央高等学院は『LOVE FOR NIPPON』の活動に共感し、スターターとしてエントリーしています。

 

 

事務局に入ると他のスターターの活動報告と共に『GREEN DAY』で販売した

キャップとバッジが展示されていました。

 事務局01.JPG 事務局02.JPG

 自分たちが企画し作ったものが展示されるなんてちょっと誇らしいですね~

 

 

事務所の中に通されるとキャンドルアーティストとして有名な『Candle JUNE』さんとご対面。

『Candle JUNE』さんも、LOVE FOR NIPPONで活動されれいるスターターの一人。

LOVE FOR NIPPONを牽引されている方です。

 

採用01.JPG 採用02.JPG

まずは生徒の代表から中央高等学院の活動を『Candle JUNE』さんに報告しました。

 

そしてチームキズナが行ったチャリティグッズの収益金、チームHubが販売したエコバックの収益金、サッカー部・バスケットボール部が行ったチャリティーフリーマーケットの売上金、その他、様々なところで行った募金活動など、中央高等学院の活動で集めた義援金を渡しました。

 

中央高等学院が集めた義援金は総額『209,669円』

 

『Candle JUNE』さんからお礼の言葉を頂くと共に、

 

『お金を渡したことで終わりにしないで欲しい。

                          このお金をどう使うかまで注目していて欲しい』

 

と熱いメッセージを頂きました。

 

 

 採用03.JPG 採用04.JPG

現地へ頻繁に足を運んでいる『Candle JUNE』さんから被災地の現状や仮設住宅の状況など色々な生の声を聞かせて頂きました。ニュースや新聞で取り上げられていない話に驚いたり、心を痛めたり。。。

 

その後、『Candle JUNE』さんから

『このお金何に使えばいい?』

と生徒たちに逆に提案がありました。

 

『寒いから防寒具!』『娯楽に使って欲しい』『燃料は?』『ちょっとした薬は??』

など様々な意見が出ました。

 

渡した義援金は『LOVE FOR NIPPON』を通して

なるべく生徒達の希望に沿って使って頂けるとのこと。

使い道を今後も追いかけていきましょう!

 

 

集合cj.JPG

                  最後にお決まりの記念撮影! 

 

長期に渡り、努力の積み重ねによって結果を結実することが出来ました。

ですが、これが終わりではありません。

これからも少しずつ、『できることからはじめようよ』の精神で

ボランティアや復興に携わっていきたいと思います。

 

 

 

 

 

前へ

次へ