中央高等学院 Blog GREEN ROAD

ドローン操縦士ってどんな仕事?〜職業体験の授業を行いました

投稿日:
2022年02月09日(水)
カテゴリー:
ライフサポートコース

こんにちは、中央高等学院です。

 先日、2年生と3年生を対象に、職業体験授業のひとつとして、ドローン操縦士の方にオンラインでお話を伺いしました!

お話を伺ったのは、DS東京立川校ドローンスクールのインストラクターの方。

このDS東京立川校ドローンスクールは、その名の通り、ドローン操縦士を目指す人のためのスクールです。

スクリーンショット 2022-01-25 13.11.30.png


ドローンは、今ではスマホでも操縦できるものもあり、手軽に手に入れて扱うことはできますが、実は飛行に許可が必要だったり、絶対に飛ばしてはならない場所が存在したりします(無断で飛ばすと逮捕されるケースもあります)。

そのため、ドローン操縦士として知っておくべき法律や規制も学び、操縦士としての資格を取得しておいた方が職業としては成り立ちやすくなります。

このDS東京立川校ドローンスクールでは、国土交通省認定資格であるドローン操縦士ライセンスを取得することができます。また、スクールの運営だけでなく、さまざまな企業や団体からの依頼で、ドローンを飛ばす仕事も請け負っています。

 

 まず最初に、ドローン業界の現状や将来性について説明がありました。

歴史的な建造物や綺麗な景色を空から撮影した写真や空撮映像は、テレビや映画、CMなどではおなじみかと思います。

しかし、現在では、建設現場や農業、災害現場などでもドローンは活躍しているそうです。

例えば建築現場では、高層ビルや橋梁、大きな工場など、人が行くのが難しい場所にドローンを飛ばし、建物の亀裂や破損の状況を点検したりするのにドローンが使われています。

また、農業では、ドローンに農薬を積んで空から散布することで、大幅な業務効率化につながっています。

 DS東京立川校ドローンスクールでも実際にこういった業務をおこなっているとのことです。

このようにドローンを使った仕事はどんどん増えており、ドローン業界はいわゆる「成長産業」の一つに数えられている、というお話を伺いました。

スクリーンショット 2022-01-25 13.14.03.png 

スクリーンショット 2022-01-25 13.20.51.png

授業の最後に、インストラクターの方がドローンを華麗に飛ばしている動画を見せてもらいました。

建物の中で、何人もの人が行き交うオフィスの中をスイスイとドローンを飛ばすテクニックはさすが

の一言でした。

スクリーンショット 2022-01-25 13.39.35.pngのサムネール画像

 

中央高等学院ではオンラインで企業の仕事場見学や、プロとして活躍している方からお話を聞ける授業を実施してきました。いろいろな会社や職種があるということがちょっとだけわかったと思いますので、自分の将来について考えるきっかけにして欲しいですね。

 

前へ

次へ