中央高等学院 Blog GREEN ROAD

声優のお仕事ってどんな仕事?〜職業体験の授業を行いました

投稿日:
2022年02月21日(月)
カテゴリー:
ライフサポートコース

こんにちは、中央高等学院です。

 先日、職業体験授業のひとつとして、声優の小清水亜美さんにオンラインでお話を伺いしました!


スクリーンショット 2022-02-08 13.00.39.png 

 

小清水亜美さんは、実は中央高等学院の卒業生。

在学中の2003年に、「明日のナージャ」の主役「ナージャ・アップルフィールド」役のオーディションに合格したことかきっかけで声優デビューしています。

 

小清水さんは12歳の頃から劇団に入り子役として活動していました。そのため、高校は芸能活動と両立しやすい通信制高校を進学先に選びました。

高校時代はすごく楽しく、その頃の友だちとは今でも定期的に会ったりと、仲が良いそうです。

 

声優のお仕事というと、アニメ声優を浮かべがちですが、それ以外にも

・外国映画・ドラマの吹き替え

・ゲームのキャラクターの吹き替え

・ナレーション

・司会

・ラジオパーソナリティ

など、仕事は多岐にわたるとのこと。

 最近だと歌手として活動する人もいますね。

 

小清水さんは元々は劇団に所属し女優さんを目指していましたが、中学生になってすごく背が伸びてしまい(小清水さんの身長は169cm)、子役のオーディションに受からなくなってしまったことがきっかけで、声優を目指すようになりました。

 

声優という仕事を教えてくれた先輩は、「声優は、身長や見た目に左右されない、幅広い役を演じられ仕事」と教えてくれたそうです。

 

「人間(のような姿かたちの生き物も含む)、だけでなく動物でも体の小さな妖精でも演じられのが、声優の仕事の面白いところ」だと小清水さんはいいます。

 

高校生の時に主役で声優デビューし、その後も「コード・ギアス」の紅月カレン、「エウレカセブン」のアネモネ、「狼と香辛料」のホロ、「美少女戦士セーラームーンCrystal」の木野まことなど、大役を演じてきている小清水さんですが、声優の世界は、どんなベテランになっても、役を勝ち取るためには今でもオーディションを受け続けねばならない世界とのこと(厳しい…)。

 

また、台本は収録の前日などギリギリに届くことが多く、そういった場合は寝ずに台本をチェックして、収録に備えることもあるそうです。

 

声優さんは、顔が見えにくい分「裏方」のイメージを持つ人もいるかもしれませんが、最近ではコンサートをやったり、バラエティに出演したり(メイン司会をする人もいます)、華やかな部分がクローズアップされていますが、やはり長らく現役であり続けるためには、たくさんの苦労も多い仕事だということがわかりました。

スクリーンショット 2022-02-08 13.04.04.png 

 

中央高等学院ではオンラインで企業の仕事場見学や、プロとして活躍している方からお話を聞ける授業を実施しています。いろいろな会社や職種があるということがちょっとだけわかったと思いますので、自分の将来について考えるきっかけにして欲しいですね。

 

前へ