中央高等学院 Blog GREEN ROAD

チーム☆キズナ活動報告-ひたすらミサンガ制作中です

投稿日:
2019年08月06日(火)
カテゴリー:
GREENDAY

こんにちは、中央高等学院・チーム☆キズナです。

8月5日(月)に、2019年度第7回目のチーム☆キズナのミーティングが行われました。

この日も前回に続いて、GREENDAYで販売するミサンガ作りをしました。そして、販売目標数も決めたので、あとはひたすら編むだけです。

IMG_5472.JPG

 

IMG_5470.JPG

 

前回のミーティングでは、編む練習もかねて、それぞれが色の組み合わせなどを自由に編んでしまったのですが、今回のミーティンクで販売するミサンガの色の組み合わせを4種類に絞りました。

IMG_5476.JPG

GREENDAYまで残り日数も少なくなってきましたが、頑張って編みましょう!

 


 

 

 

 

 

 


 

 


チーム☆キズナ活動報告-ひたすらミサンガ作り

投稿日:
2019年07月23日(火)
カテゴリー:
GREENDAY

こんにちは、中央高等学院・チーム☆キズナです。

 

7月22日(月)に、2019年度第6回目のチーム☆キズナのミーティングが行われました。この日も、山元タイムの山下さんがいらっしゃいました。

 

前回のミーティングの後半から、チャリティーグッズであるミサンガ作りが少しずつ始まりましたが、この日は2時間まるまる使って全員でミサンガ作りをしました。

 

よった糸を、ついに編み始めます!山下さんから「三つ編み」と「ミサンガ編み」のやり方を習いました。すぐにコツをつかむ生徒もいれば、やり方がわからなくて混乱する生徒もいましたが、先生たちを含め全員がひたすら下を向いて編み続けました。


IMG_4947.JPG

 

そして今日から活動に参加してくれるメンバーもいたので、新メンバーたちは追加で糸をよってくれました。


IMG_4952.JPG

 

ただ編めばいい訳ではでなく、チャリティーグッズとはいえ販売する「商品」ですから買っていただくためにキレイに編まなければいけません。編み目が揃っていないものはボツになります。

 

キレイに仕上げるのは大変ですが、次回も頑張って編みましょう!

 


 

 

 

 

 

 


 

 


チーム☆キズナ活動報告-震災当時のこと

投稿日:
2019年07月09日(火)
カテゴリー:
GREENDAY

こんにちは、中央高等学院・チーム☆キズナです。

7月8日(月)に、2019年度第5回目のチーム☆キズナのミーティングが行われました。この日も、山元タイムの山下さんがいらっしゃいました。

前回のミーティングの際に、東日本大震災で被災した山下さんから、当時の話をしていただきました。今回は、当時の報道写真などをみながら、被災した時の話をしていただきました。

IMG_4935.JPG


IMG_4937.JPG

 

津波で壊れた瓦礫の上を「もしかしたらこの下には死体があるかも」と考えながら歩いて自宅まで毛布を取りに行ったこと、自衛隊の人たちが簡易お風呂を作ってくれたこと、ポランティアでサポートしてくれたNPOのこと…。

震災当時、まだ幼稚園〜小学校低学年だった現役の高校生には、少々ショッキングだっのかもしれません。話を聞いた後はみんななかなか声が出ませんでした。

7月末には希望者は実際に被災地を訪問します。またそこで被災された方からお話を聞く機会があります。

ミーティングの後半では、GREENDAY当日に着るTシャツにつける背番号をプリントする準備とミサンガの糸をひたすらよりました。みんなコツを掴んできたのか、前々回やった時よりもスピードがアップしたように感じました。

IMG_4945.JPG

次回からはいよいよミサンガを編む作業に入ります。


 


 

 

 

 

この日は、ミーティングの前半で、前回案出しをしていたTシャツのデザインも決まり、GREENDAYまでにやらなければならないことが着々と進んでいきました。

次回は、いよいよ編み方を習います。

 



 

 


 

 

チーム☆キズナ活動報告-Tシャツのデザインが決定

投稿日:
2019年06月18日(火)
カテゴリー:
GREENDAY

こんにちは、中央高等学院・チーム☆キズナです。

6月17日(月)に、2019年度第4回目のチーム☆キズナのミーティングが行われました。この日は、前回に引き続いて山元タイムの山下さんがいらっしゃいました。

チーム☆キズナは、東日本大震災で被災された方への支援を目的として活動していますが、前回のミーティングの時に、震災が起きた当時メンバーの多くが小学1年生だった、ということがわかりました。なので、当時どんなことが起きていたのか知らない(または覚えてない)生徒も多いのです。

そういう状況が改めてわかったので、今回、山下さんはご自身が被災した時の話を詳しく教えてくれました。

山下さんは近隣の高校の体育館に避難したのですが、電気も水も通じない中で、その高校の生徒たちが、トイレ用のプールから水を運んてでくれたり、お年寄りの方をストーブのそばまで連れて行ったり、すごく頑張って働いてくれていたという話をされていました。

「今また同じような災害が起きたら…まずは自分の身を自分で守ることを第一に。その上で高校生であるみんなは、きっと何かができるはず」という言葉が印象的でした。

今後も、折を見て震災時の話をしていただけるそうです。


そして今回は、GREENDAY当日にみんなが着るTシャツのデザインの細かい部分の調整をしていきました。前回までで、1年生の女子生徒が描いたイラストを起用することが決まりましたが、文字を部分をどうするかなど、微調整していきます。途中意見がわれたりもしましたが、「キズナをつなぐ」というメッセージ性の部分を生かす案を採用することになりました。

IMG_4829.JPG



ミサンガ制作の作業は、前回習った糸をよる作業の続きをしましたが、時間がなくて編むところまではできませんでした。まだまだ決めるべきこと・作業するべきことがてんこ盛りです。

IMG_4822.JPG


次回は、7/8開催です。

 



 

 


 

 

チーム☆キズナ活動報告-ミサンガ制作スタート

投稿日:
2019年06月05日(水)
カテゴリー:
GREENDAY

こんにちは、中央高等学院・チーム☆キズナです。

6月3日(月)に、2019年度第3回目のチーム☆キズナのミーティングが行われました。この日は、山元タイムの山下さんがいらっしゃいました。

IMG_4753.JPG


山下さんは、宮城県山元町で2011年3月11日のあの日、宮城県山元町で被災されました。自身も避難生活をしながらも、炊き出しなどの活動を通じて出会った、同じように避難生活をしている地元のお母さんたちともの作りチーム「山元タイム」をスタートさせました。

山元タイムでは、地元のお母さんたちが手作業で毛糸のタワシやオーガニックコットンのミサンガなどを制作、販売しています。活動の目的は販売ではなく、被災した人たちが集まり一緒にもの作りをすることで、絆を深めること。今では大手デパートや有名アーティストとのコラボ商品なども誕生しています。

山下さんは、我々チーム☆キズナの活動も、何年も前からサポートしていただいています。今年は、山下さんと一緒にみんなでミサンガを作ることになりました。

ミサンガは、カンボジアの元は地雷源だった畑から作ったオーガニックコットンで作ります。生の糸のままだと細すぎてミサンガを編むことができないので、まずは、糸を3〜4本まとめてより、太めの糸を作る必要があります。

今日は、山下さんが色とりどりの糸を持ってきてくれたので、みんなで糸のより方を習いました。けっこうしっかりよらないと糸がまとまってくれず、最初はみんな苦戦します。でも、しばらく集中しているとみんなコツがわかってきて、黙々と作業をしていました。40分くらい続けて、だいたい、一人平均4〜5本の編み糸を作ることができました!

IMG_4766.JPG

 

IMG_4765.JPG

 

この日は、ミーティングの前半で、前回案出しをしていたTシャツのデザインも決まり、GREENDAYまでにやらなければならないことが着々と進んでいきました。

次回は、いよいよ編み方を習います。

 



 

 


 

 

チーム☆キズナ活動報告-Tシャツのデザイン

投稿日:
2019年05月28日(火)
カテゴリー:
GREENDAY

こんにちは、中央高等学院・チーム☆キズナです。

5月27日(月)に、2019年度第2回目のチーム☆キズナのミーティングが行われました。第1回目である前回は、「キズナの活動ってどういうことするの?」の説明やスケジュールの確認だけで終わってしまいましたが、この日から少しずつ実作業に入っていきました。

この日は、GREENDAYイベント当日にキズナのメンバーが着るTシャツの案を出し合いました。4つのチームに分かれて案を考え、最後に、チームごとに考えたデザイン案を発表しました。

IMG_4132.JPG

デザイン案を考えている間、ワイワイとにぎやか過ぎるほどにぎやかだったので、側で見守っている先生たちは内心、「大丈夫かな?ちゃんと考えてるのかな?」と、若干不安ではありましたが…、いざ発表を聞いてみると、「サッカー場で着るものなのでサッカーファンに対して目立つようにする」「チーム☆キズナ=絆の意味」を各チームが感じ取り文字やイラストで表現しようとしていて、どれもステキなデザイン案ばかりでした!

IMG_4142.JPGのサムネール画像

みんなが考えてくれたデザイン案を元に、これからデザインをまとめあげていきます。どんなTシャツになるのか、楽しみですね!!

 

そしてミーティングの後半では、みんなで名前を覚えるゲームをしました。

このチーム☆キズナは、毎年関東の校舎から有志が集まって結成するので、お互いのことを知らない生徒も多いのです。たとえ同じ校舎でも、学年が違えば初対面同志の場合も当然あります。

 

この名前を覚えるゲームでは、まずはみんなで輪になりました(人数が多いので、2グループに分かれて2つの輪を作りました)。そしてグループでひとつのボールをパスし合うのですが、パスするときに、必ず相手の名前を呼ばないといけません。名前を呼ばれた人は、返事をしてからボールを受け取ります。

最初は知ってる人にだけボールを回しがちでしたが(男子は男子に、女子は女子に。笑)、しばらくするとボールがみんなに回るようになってきました!

IMG_4146.JPG

ボール回しゲームに慣れてきたので、また別のゲームを始めます。

次は、声は出さずに、名前の五十音順に一列に並んでみる、というルールのゲームです。

ちょっと戸惑いつつも、2チームとも全員正解!みんな覚えるのが早いですね!!

そんな感じで、この日のミーティングは笑ったり照れたりワイワイとにぎやかに終わりました。

 

来週のミーティングでは、イベント当日に販売するグッズについて作業していきます。

 

 

 

 

 

チーム☆キズナ活動報告-2019年度の活動開始!

投稿日:
2019年05月17日(金)
カテゴリー:
GREENDAY

こんにちは、中央高等学院の「チーム☆キズナ」です。

今年も「チーム☆キズナ」の活動がスタートし、第1回目のミーティングが渋谷原宿校で行なわれました。


IMG_3970.JPG

 

「チーム☆キズナ」とは…中央高等学院の各校舎から有志の生徒が集まって、さまざまなポランティア活動を行っているグループです。

これまで東日本大震災や熊本地震で被災された方へ寄付活動などを毎年続けていて、2014年には、その活動が認められ、日本フィランソロピー協会より『第17回・まちかどのフィランソロピスト賞・奨励賞』を受賞しました。

この日行なわれたミーティングには、10年近い歴史の中で過去最高かも?という数の生徒が集まってくれ、渋谷原宿校のいちばん広い教室がいっぱいになってしまいました(嬉しい悲鳴)。

 第1回目ということもあり、これまでの先輩たちが行なってきた活動内容の映像を見たり、今年のスケジュールについての説明がありました。

そして、これまでずっとキズナの活動をサポートしていただいている一般社団法人LOVE FOR NIPPOONのキャンドルジュンさんが、被災地の現状についてお話をしてくれました。


IMG_3971.JPG


全体的に1年生が多かったですが、去年からひき続いて参加を希望する生徒も数多くいました。

「チーム☆キズナ」では今後、10月に行なわれるイベント「GREEN DAY」で販売するためのグッズを制作します(その収益金が寄付にあてられるのです)。

これから本格的な活動に入っていきますが、まだまだメンバーを募集中です!

「ボランティア活動してみたい!」「他校舎の生徒とも仲良くなりたい!」という在校生の方は、ぜひ気軽に参加してください。

次回のミーティングは5/27  16時〜渋谷原宿校で行ないます。

 






 

チーム☆キズナ活動報告-最後のミーティング

投稿日:
2018年10月12日(金)
カテゴリー:
GREENDAY

こんにちは、中央高等学院のボランティアチーム☆キズナです。

 9/16(日)、味の素スタジアムで開催された「GREENDAY」も無事終了し、この日は最後のミーティングが行なわれました。イベント当日までにやってきたことで楽しかったことや大変だったことなどの感想を、一人ずつ前に出て発表しました。


IMG_1715.JPG

 

スタジアム内を歩き回って募金活動を呼びかけたのが楽しかったSmile

 ・バッグやチラシのデザインをするのが楽しかったSmile

 ・バッグが売れた時に、良かったーSmileと感じた

 ・準備の話し合いがまとまらなくて大変だったCry

 ・ブースでの呼びかけで大きな声を出し続けるのが大変だったCry

…などなど、メンバーからいろいろな感想が出ます。

 

「キズナの活動を通じて、成長できたこと」として、1年生の女子生徒の一人は、「これまで何かをやるときは、“単位のためにやる”という気持ちで取り組んでいたけれど、このキズナの活動では、“誰かのためにやる”という気持ちで取り組むことができた」という感想を述べました。

また、今回リーダーを務めた2年生の男子生徒は、「どこかで災害があるたびにボランティアをする人の話をニュースで見るけど、フットワーク軽く遠くまでボランティアに行くのって本当に大変なんだとわかった」と述べました。


IMG_1718.JPG

 

中央高等学院では“生徒だけで話し合って何かを成し遂げて行く”という機会が、通信制高校という性格上どうしても少ないのですが、その中で、キズナではそういう活動ができる数少ない機会になっています。

ボランティアという見返りの無い地道な行動から、生徒ひとりひとりが何かを感じ取ってくれるのは本当に嬉しいことです。

今日のミーティングに参加したメンバー全員が「来年もキズナの活動に参加したい」と言ってくれましたので、来年は今年の反省を活かして、もっと良い“キズナ”にしていきましょう!


IMG_1722.JPG 

チーム☆キズナ活動報告-GREENDAY!

投稿日:
2018年09月19日(水)
カテゴリー:
GREENDAY

こんにちは、中央高等学院のボランティアチーム☆キズナです。

 

9/16(日)、味の素スタジアムで「GREENDAY」が開催されました。

このGREENDAYというイベントでは、中央高等学院の関東の5校の生徒が集まって、プロの選手の指導でスポーツ体験をしたり、スタジアム周辺のゴミ拾いを行なったりします。

我々チーム☆キズナは、このイベント運営のお手伝いと、夕方から行なわれる東京ヴェルディの公式試合に訪れるお客様にグッズを販売します。そしてこのグッズの収益金を東北の復興支援のため寄付してるのです。

チーム☆キズナのメンバーは他の生徒よりも早めに集合して着替えをします。そしてメンバー全員で、開会式で挨拶をします!全生徒の前で挨拶をするのは緊張しますが、広々としたグラウンドに出るのはちょっと気持ちいい!

その後は、スタジアム周辺の掃除をする生徒のために軍手やゴミ袋の用意したり、掃除から戻った生徒にお弁当を配布したり、バタバタと作業をしているとあっという間に午後になってしまいます。

午後になって開場してからは、グッズ販売がスタート!試合開始は16時ですが、サポーターの皆さんは場所取りのために早めに会場入りする方が多いのです。

みんなで「トートバッグ販売してまーす」「募金をお願いしまーす」などなど一生懸命呼びかけを行います。5月から何度も話し合いを重ねて作ったバッグが売れるとやっぱり嬉しいですね。ブース付近だけでなく、スタジアム内も歩き回って呼びかけもします。今回は、トートバッグを買ってくれたお客様に缶バッチをプレゼントするのですが、希望の方は自分でデザインしたオリジナルの缶バッチを作ることもできます。

夢中で声をだしているとあっていう間に時間がたちます。試合が始まると販売タイムは終了。みんなでブースの撤収をして、キズナとして活動は終了です。

5月からの4ケ月間、お疲れさまでした!


 


 


 







 

チーム☆キズナ活動報告☆GREENDAYまであと2日

投稿日:
2018年09月14日(金)
カテゴリー:
GREENDAY

 

こんにちは、中央高等学院のボランティアチーム☆キズナです。

5月から定期的に集まってミーティングを重ねてきたチーム☆キズナのメンバーたち。

それはすべて9月16日に行なわれるイベント「GREENDAY」のため。


「GREENDAY」とは…中央高等学院とプロサッカークラブ「東京ヴェルディ」が共同で開催しているイベントで今年で10回目になります。

チーム☆キズナは毎年、自分たちで作ったグッズを販売し、その収益金を東北地震の被災地に寄付しているのです。

今年のGREENDAYでは、原発の避難指示区域に指定されている福島県双葉町とのコラボレーションにより生まれたトートパッグを販売します。


⇩トートバッグはこんな感じです!

トートバッグ.jpg

 

U18やU22の日本代表としても活躍する、東京ヴェルディの渡辺 皓太選手と藤本寛也選手。彼らは2人とも提携の通信制高校・中央国際高校の卒業生です!


イベントまで残り2日に迫った本日は、販売ブースの飾り付けのためのバネルや配布チラシ、募金箱などを作り、最後の仕上げです!

メンバーはいつもより早めに集まり、テキパキと作業を進めてくれたので、時間通りに作業が終わりました!

IMG_1404.JPG

 

IMG_1414.JPG

GREENDAY本番まであと2日!当日が楽しみです!


そして今日は朝日中高生新聞の取材を受けました。

IMG_1411.JPG