先生全員紹介

忘れられない生徒との思い出

校舎
吉祥寺本校
一から作った・みんなで作った原宿校の「同士」たち

丁寧に一つ一つ振り返ってみると、どの年にもそれなりに思い出がありますが、中でも私が原宿校で過ごした2年間は特に思い出深いものとして、今でも記憶に残っています。


私は原宿校のオープニングスタッフの一人として、高卒認定コースの担当者となりました。
これまでの仕事の積み重ねはもちろんありましたが、同じことをやるにしても原宿という“およそ学校というものが似つかわしくない場所”だったこともあってか、最初は何をやるにしても「違和感」が抜けませんでした。


原宿校に異動となる前の吉祥寺本校には、年間で150人近い生徒さんと接していましたが、開校まもなくということもあって、初年度の8月受験生はわずかに30人、2年目も60名足らずという「アットホームな規模」でした。
中でも特に原宿校勤務2年目の年が一番印象深く「忘れられない生徒との思い出」というタイトルで書いているこの文章を書きながら,今も当時を思い出しています。


その年度の一番最初に入学してきた生徒さんは、一見するとキツそうな印象でしたが、実は笑顔美人で色々なことをよく話してくれた女の子でした。本人は意識していなかったと思いますが、回りの生徒さんたちを自然と引っ張っていっている様子を学院で見ることが楽しかったことをよく覚えています。


他にも・・・太平洋戦争に参加しシベリアに抑留された経験を持つおじいちゃん、今をときめくグラビアアイドルで母親も有名女優という女の子、15歳で単身上京し調理師を辞めて一念発起して早稲田大学合格にまで辿り着いた頑張り屋さんの女の子、最高で1ヶ月に100万稼いでいたという六本木のキャバ嬢、小さい時に両親を亡くしてほぼ身寄りのない状況にもかかわらず「資格を取って専門学校に行きたい!」とバイトで学費と生活費をやりくりしながら通い通した男子、15歳から10年間続いたひきこもりから脱して「栄養士になりたい」と専門学校への進学を目指して頑張っていた女の子、入学からほぼ毎日朝から夜遅くまで学院に残って勉強している姿が印象的だった男子、大学受験の途中で父親を亡くした悲しい出来事を振り払い念願だった英語が勉強できる大学に合格した女の子、イカつい格好と関西弁で一見すると「その筋の人?」と思わせるような風貌で入学してきた男子も、日々の学院生活をきっかけに丁寧な言葉使いや身だしなみの出来る好青年に変わっていったことも大きな驚きでした。


まだまだ挙げればキリがありません。これだけよく一人一人のことを鮮明に覚えている一番の理由は、人数があまり多くなかったこともありますが「みんなで一からこの雰囲気を作った」という連帯感を感じることが多かったからだと思います。まさに彼らは「同士」とも言える存在でした。


神奈川県会場での本試験の引率にも行きましたが、真剣な中にもいい感じでリラックスできていた雰囲気はまさに「日常がそのまま移ってきた」という感じでした。そんなムードに乗せられて?か、私も試験当日はサッカー日本代表の“ジャパンブルー”のユニフォームを来て、生徒のみんなと一緒に「戦い」ました。
試験前はみんなでハイタッチでお見送り、一科目終わるごとに誰からともなく「お疲れ?」の声が飛ぶ。答え合わせもみんなで一緒に一喜一憂。二日間の試験を無事に終えたみんなからは一様に笑顔。


かつて大検と呼ばれた時代から続けて、高卒認定コースの担当者になって何回となくこうした表情は見てきましたが、この時が中でも特に印象に残っています。


学院の規模が大きくなり生徒数が増えることは喜ばしいことである反面、アットホームさが薄れていくことには本音を言うと寂しさを感じずにはいられません。
この時一緒の時間を過ごした生徒のほとんどは,今現在どうしているか残念ながらわかりません。でもふと街を歩いている時にもし声をかけられることがあったとしたら、それは本当に嬉しいこと(どの年代の生徒さんでも嬉しいですけれど、特に嬉しく思うと思います)ですね。

この先生の紹介を見る

中央高等学院は、広域通信制高校・中央国際高等学校の指定サポート校です。
中央高等学院に通うことで、単位取得から進級・卒業に必要な全てのサポートを受け、99%高校を卒業することができます。

「高校を卒業する」「高卒認定資格を取得する」ことは、社会に出るうえで非常に大きな意味を持ちます。大学・短大・専門学校に進学することはもちろん、就職など将来の道が大きく拓けます。だから、中央高等学院は高校卒業・高卒認定取得をしていただくために徹底的にサポートします。

なんでもご相談ください!

  • 資料請求はコチラから
  • 学校見学はコチラから
無料相談ダイヤル

0120-89-1146(いい進路)

受付時間 月~土 10:00~21:00 日祝日 10:00~17:30

不安・お悩み・疑問。何でも気軽にお電話でご質問ください!  経験豊富なスタッフが責任を持って対応させていただきます。