先輩からのメッセージ

さん

コース 大学入試コース

入学時期 高3の4月に転校

卒業後 駒澤大学 商学部入学

大学の出願条件を満たすため自力で簿記2級を取得

中央高等学院に転校したきっかけ、経緯は何ですか。

もともと自分は剣道をやっていて、地元から離れた高校で寮生活をしてたんですけど、足を怪我して選手として続けるのは難しくなってしまって、それだったら大学進学の準備をしたいなと思って転校を決意しました。

中央高等学院を選んだ決め手は。

地元が横浜なので、横浜でいくつかの高校を見学しました。中央高等学院は、見学に来たときちょうど校舎が移転したタイミングだったんですが、この仕切りのない、ホール状の校舎がすごくいいなって思ったのと、あとは先生が優しそうだなと感じて中央高等学院を選びました。

大学受験について準備し始めたのはいつぐらいですか。

以前いた高校の時からすでに準備はしていました。当時は剣道推薦で総合型で入りたいと思っていたので、成績は人並み程度にとっておくことを意識して勉強もやってました。

志望大学や学部はどのように決めましたか。

怪我をして剣道推薦で大学に入るという可能性がなくなったので、それだったら資格を取れる大学がいいなと考えていました。駒澤大学は、資格取得をサポートする仕組みがいちばん整っていました。
受験方法は、自分は長期間勉強することには向かないと思っていたので、総合型での受験に決めていました。
いろいろな大学を検討していたのですが、駒澤大学には「特性評価型」という方法で、簿記の資格を持っていると出願ができるということがわかって、それで自力で勉強して、高3の9月までに簿記3級と2級を取得し、その結果を持って出願し、合格できました。

受験に関して学校からどんなサポートがありましたか?

志望理由書は、何度も書き直しては何度も添削してもらう、その繰り返しでした。自力では完成できなかったと思います。
面接練習も、言葉遣いから何から1から直されて、指導してもらいました。

学校生活で印象に残っていることはどんなことですか。

スクーリングが楽しかったです。自分はこの学校には1年しかいませんでしたけど、スクーリングで友だちもできました。
この学校はいろいろなタイプの人、いろいろな性格の人がいるので、楽しかったですね。

大学ではどんなことをやりたいですか。

先ほど資格が取れる大学がいいと話しましたが、志望大学を決める時点ではどんな資格を取りたいのか実はあまり考えていませんでした。
でも自力で簿記の勉強をしたり、そもそもお金を計算は割と得意だったということもあったので、これからは公認会計を目指して勉強したいです。