先輩からのメッセージ

さん

コース 大学入試コース

入学時期 高1の4月に入学

卒業後 日本大学 芸術学部入学

大学に入ったら小説のコンクールに応募してみたい

中央高等学院に入学したきっかけ、経緯は何ですか。

中学2年生の秋ぐらいから学校に行くのが難しくなってしまいました。
中高一貫校だったんですけど、中学卒業のタイミングで環境を変えてみようという話になって、中央高等学院に入学しました。

中央高等学院を選んだ決め手は。

他の通信制高校にも何校か足を運んだんですけど、他は校舎が狭かったり雰囲気が良くなかったのと、中央高等学院の先生の話を聞いていたらこの学校のスタンスが自分に合っているのかなと思って、中央高等学院を選びました。
中央高等学院は校舎が広々としていて雰囲気が明るく、自分としては大きな決め手でした。

入学後はどれくらい登校していましたか。

入学してすぐに友だちがたくさんできたので、(コロナ禍で登校制限されていましたが)登校日には必ず登校して勉強してました。

大学受験について準備し始めたのはいつぐらいですか。

大学受験自体について考え始めたのは高校2年生の冬くらいですね。その時は志望校もやりたいことも決まってなかったので、最初はもう自分でも行けそうな大学を何校かピックアップして、って感じだったんですけど、今回合格をいただいた大学を受験しようと決めたのは高3の夏前頃ですね。

公募型推薦での合格ですが、受験方法はどのように決めましたか。

志望大学を決めたのが夏前だったので、今から勉強しても一般選抜に間に合うかどうかっという時期だったので、公募推薦の受験方法が決められた時間内に小論文を書く、という内容だったので地道に勉強するより、そっちの方法が自分に合ってるんじゃないかなと思って選びました。文章書くこと自体は好きだったので。

夏期講習を受講してどんなところが役に立ちましたか。

小論文と面接対策の授業が役に立ちました。その時間でエントリーシートを完成させたり、面接の対策をしてもらったことが、結構自分の中で力になったなと思って。エントリーシートは最初のものから先生のアドバイスでほぼ書き直して仕上げたので、自分1人の力じゃ無理だったと思います。
面接練習では、受験した文芸学部では本に関する専門的なこと質問されると聞いていたので、とにかくいろんな質問をいっぱいしていただくことで、受け答えの練習にすごくなりました。

学校生活で印象に残っていることはどんなことですか。

高校2年生の時に行った修学旅行は、すごく楽しかった思い出があります。
そこで友だち新しくできて、今でも仲良くしています。

大学ではどんなことをやりたいですか。

今まで小説のコンクールに応募したことがないので、応募してみようかなと思っています。

入学を検討している方に、アドバイスをお願いします。

ここは結構自由な学校でもあるんですけど、ちゃんと先生方がサポートしてくれる点が大きいと思います。
友だちを作るのが苦手だったり、人間関係に悩んでるけど、 ちゃんと勉強はしたいという人にはすごく合っている学校だと思います。