先輩からのメッセージ

谷崎 将臣

谷崎 将臣さん

MASAOMI TANIZAKI

コース 通信制高校サポートコース

自由な時間が作れるこの学校に入学しました

中央高等学院に入学するきっかけは?

カーレーサーを目指していました。週2~3日のペースで御殿場などの遠方での練習時間を確保するには、前の学校では難しい状態でした。家族と相談をして高卒だけはとっておこうと思い、自由な時間が作れるこの学校に入学しました。

入学をする時にどんな不安がありましたか?

学校に毎日来なくてもちゃんと卒業できるかは不安でした。あと、友達ができるかどうかも不安でした。

その不安は入学してみてどうでしたか?

スクーリングやレポート提出など、やることだけきっちりとやっておけば、卒業できると分かりました。そのお陰で、今までは学校があるからという制約がありましたが、やりたいことであるカーレースの練習に集中することができました。 友達に関しても、すぐにできました。修学旅行やスキー合宿では他の校舎にも友達ができました。

この学校に入ってみて、学んだことはどんなことがありますか?

東京ヴェルディのボランティアに参加したことで、「野球好きのサッカー嫌い」が逆転して、サッカーが大好きになりました。ヴェルディの担当の方が本当にいい方で、サッカーに対する熱意を感じて、ドンドンと惹きこまれていった感じで、サッカー大好きのヴェルディ大ファンになってしまいました。ヴェルディの試合を毎試合欠かさずに見に行っていたほどです。もちろん、今もヴェルディを応援し続けています。

今の大学に行くきっかけは?

谷崎 将臣 さん

今は、動物園や牧場の勉強をする学校に行っています。元々動物が大好きで、将来は、牧場をつくりたいと思っています。 カーレースは限界を感じることがあり、職業としてやっていくことは諦めましたが、今後も趣味としてやっていこうと思っています。 こういう決断ができたのも集中してカーレースの練習ができたからだと思います。

今、この学校への入学を検討している方へメッセージを送るとしたら?

通信制高校サポート校では、絶対ココがいいと自信を持って勧められます。人数が多すぎることもないし、学校のある場所がいいので、昼休みに買い物に行ったりもできます。 あと、サッカーが好きな人にもいいかもしれません。

後輩である在校生にメッセージを送るとしたら?

1年2年のうちは、大学に行かなくてもいいと思っている子もいると思いますが、将来のことを考えると大学に行きたくなるかもしれません。 そのためにも日頃から勉強をきっちりとしておいた方がいいと思います。