先輩からのメッセージ

先輩インタビュー

コース
通信制高校サポートコース一年
年齢
16歳
校舎
吉祥寺本校
中央高等学院に入学するきっかけは?

小学二年生のころ、友達関係につまずき、学校を休みがちになりました。それでも学校に行けば「久しぶり」と声をかけてくれる友達はいたので、「行こう」という気持ちになれました。
ところが中学は、家から離れた学校に進学したこともあり、話せる人がだれもいなくて、だんだんと行かなくなってしまいま した。「学校に行こう」と思うと体が震え出し、拒否反応を起こしてしまっていたのです。

中央高等学院に入学を決めた理由は?

中央高等学院のことは、高校受験に失敗したときにいただいた資料を見て知りました。
それまで、通信制高校サポート校という学校について全く知らなかったけれど、一度見学しただけで「ここに行きたい!」と思うほど魅力を感じました。
先生が〝真央ちゃん〞と名前で呼んでくれて、気軽に話せたこと。それに、私と同じ境遇の生徒が多かったので「気があいそう」と思ったからです。

入学をする時にどんな不安がありましたか?

登校できるかどうか不安はありました。でも、行ってみないとわからないので、「とにかく1日行ってみて、ダメだったらそのとき考えよう」という強い想いで、入学初日を迎えました。

その不安は入学してみてどうでしたか?

最初は、だれも自分から話しかけられず、教室内はシーンとした雰囲気でしたが、担任の先生が「みんな話してみたら?」と言ってくれたのを機に、近くにいた2人と意気投合。すぐに、友達になりました。

入学してみて、中央高等学院はどうですか?

友達ができると、「ひとりじゃない」という安心感から「学校へ行こう」と思えるようになります。そして、他の人とも話しができるようになります。6月に行われたスクーリングでは、それまで声をかけにくかった男子とも、カレー作り体験などを通じて仲良くなり、入学3カ月ほどでクラスの生徒全員と友達になりました。

この学校に入ってみて、自分自身の変化に気づくことはありますか?

今では、早くみんなに会いたくて「休日がなくなってほしい」と思うくらい学校が楽しい。こんなに劇的に変わって、自分でもびっくりしています。
家でも学校でのできごとや友達のことをいっぱい話すようになり、「声のトーンも明るくなって、笑顔も増えた」と、家族がすごく喜んでくれています。

これからの学校生活でやりたいことは何ですか?

もっと多くの人たちと高校生活を楽しみたいと思っています。目標は学校のイスが空かないこと。
休みがちな生徒もみんな通いやすい学校にするために、私にできることは何でもしたいです。

中央高等学院は、広域通信制高校・中央国際高等学校の指定サポート校です。
中央高等学院に通うことで、単位取得から進級・卒業に必要な全てのサポートを受け、99%高校を卒業することができます。

「高校を卒業する」「高卒認定資格を取得する」ことは、社会に出るうえで非常に大きな意味を持ちます。大学・短大・専門学校に進学することはもちろん、就職など将来の道が大きく拓けます。だから、中央高等学院は高校卒業・高卒認定取得をしていただくために徹底的にサポートします。

なんでもご相談ください!

  • 資料請求はコチラから
  • 学校見学はコチラから
無料相談ダイヤル

0120-89-1146(いい進路)

受付時間 月~土 10:00~21:00 日祝日 10:00~17:30

不安・お悩み・疑問。何でも気軽にお電話でご質問ください!  経験豊富なスタッフが責任を持って対応させていただきます。