先輩からのメッセージ

中村 佑斗

中村 佑斗さん

YUTO NAKAMURA

コース 大学入試コース

受験勉強にはとても恵まれた環境

中央高等学院に入学するきっかけは?

僕には「薬剤師になりたい」という夢があり、大学は薬学部に進学したいと思っています。 高校進学は、中学時代の友達に誘われ安易な考えで進学先を決めてしまったので、入学してから次第に自分が求める進路とのギャップを感じはじめました。前籍校は、卒業後は専門学校に進学するか就職する生徒が多い学校だったので、大学進学を希望していた僕にとっては不安があったのです。 それで、母に相談したところ、インターネットで転校先を何校か調べてくれて、いくつかの学校を見学しました。

中央高等学院に入学を決めた理由は?

中央高等学院を見学したときは校長先生が対応してくださって、転校を無理にすすめたりせず、「大学に行きたい」という僕の想いを親身に聞いてくれました。その心遣いが嬉しくて。この学校なら先生との信頼関係が築け、指導も熱心にしてくれそうだと思い、二年生の5月に転校することにしました。

入学をする時にどんな不安がありましたか?

「もう仲良しグループができあがっていて友達ができないのではないか」、「人づきあいが不得意な生徒が多いのではないか」など心配でした。

その不安は入学してみてどうでしたか?

中村 佑斗 さん

自分から積極的に声を掛けてみたら、すぐに打ち解けることができました。

入学してみて、中央高等学院はどうですか?

進路について今までは、本が好きだったから文学部に行こうと思っていたのですが、この学校で初めて政治経済の授業を受けて面白くなって、経営学部か経済学部に行こうと決めました。 こうした新しい出会いも転校して良かったことです。

今、この学校への入学を検討している方へメッセージを送るとしたら?

僕はこの学校へ来て、友達づくりのために積極的に声をかけるようになりました。おかげで友達がたくさんできたので、人づきあいが苦手だとしても、自分から声をかけることはとても大事だと思います。