校舎案内と生活

吉祥寺本校

学校生活ブログ ~吉祥寺本校の日常を更新しています~

投稿日:2020年12月21日

介護福祉就職コースより

介護職はエッセンシャルワーカー

 60297-1.jpg

エッセンシャルワーカーとは、どういう意味?

エッセンシャル(Essential)」とは、日本語で「必須の」「不可欠な」「本質的な」「非常に重要な」などの意味を持つ言葉。「エッセンシャルワーカー」を日本語に直訳すると、「不可欠な労働者」となります。つまり、エッセンシャルワーカーとは、日常生活を送るために欠かせない仕事を担っている人たちのことを指します。

エッセンシャルワーカーにはどんな仕事がある?

具体的に「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる職業には、医療・福祉、保育、公共交通機関、通信・インフラ、保安、行政、一次産業(農業など)、製造、運輸・物流など、社会生活を支えるのに不可欠な職業が該当すると言われています。

医療・福祉分野では、医師や看護師などの医療従事者、高齢者の生活を支える介護士、子どもの保育をする保育士などが、日々の生活のために現場で働いています。

食品などの生活必需品を生産・製造する、コンビニやスーパーなどで日用品を販売する、生活に必要な物品を運搬する、仕事などに向かうための電車やバスを運営するなど、身近な生活を支える仕事をしている人たちもエッセンシャルワーカーです。

どうしてエッセンシャルワーカーが注目された?

エッセンシャルワーカーは、新型コロナウイルスの感染拡大で話題となりました。

新型コロナの流行拡大の対策で、全国的に時差出勤やテレワークが広がりました。

しかし、人間が生きていくために必要な食料やインフラ、安心・安全に暮らすための医療・介護・行政などは、業務を止めたり時間を変更したりすることは難しいのです。

そんな中、多くの人のために現場で働き続けてくれる人たちに注目が集まり、「エッセンシャルワーカー」という言葉が注目されました。

2020年に流行した新型コロナウイルスは、多くの人々の働き方にも影響を与えました。

私たちの生活を支える仕事の中でも、介護や看護などの医療・福祉職、スーパーやドラッグストアなどでの小売に関する業務で、特に人材の需要は高まっています。

当たり前だと思われてきたけど必要不可欠な「エッセンシャルワーカー」の仕事には、国からの助成金や慰労金の給付が行われるなど、さまざまな支援も進んでいます。

生活に欠かせないエッセンシャルワーカーの仕事は、今後も注目される仕事です。

 

 

 

前へ

次へ

中央高等学院は、広域通信制高校・中央国際高等学校の指定サポート校です。
中央高等学院に通うことで、単位取得から進級・卒業に必要な全てのサポートを受け、99%高校を卒業することができます。

「高校を卒業する」「高卒認定資格を取得する」ことは、社会に出るうえで非常に大きな意味を持ちます。大学・短大・専門学校に進学することはもちろん、就職など将来の道が大きく拓けます。だから、中央高等学院は高校卒業・高卒認定取得をしていただくために徹底的にサポートします。

なんでもご相談ください!

  • 資料請求はコチラから
  • 学校見学はコチラから
無料相談ダイヤル

0120-89-1146(いい進路)

受付時間 月~土 10:00~21:00 日祝日 10:00~17:30

不安・お悩み・疑問。何でも気軽にお電話でご質問ください!  経験豊富なスタッフが責任を持って対応させていただきます。