先輩からの メッセージ

釜石 伊吹くんIBUKI KAMAISHI 通信制高校サポートコース1年
池袋校
釜石くんのインタビュー動画はこちら

  • 中央高等学院に入ったきっかけ、経緯は何ですか。

    中学校の先生の”上から言われる感じ”が苦手で、小学校からクラスも野球チームも同じで一番仲の良かった友達が学校に来なくなってしまったこともあり、僕も中1の夏ごろから学校に行かなくなりました。2年生に進級して、親や学校の先生から声をかけられても学校に行こうという気分にはなれませんでした。
    それでも高校だけは卒業したいと思っていたので、3年生になって将来のことが不安になり、自分でスマホで調べてこの学校を見つけて中学生コースに行くことにしました。

  • 入学してみて、中央高等学院はどうですか。

    中学生コース初日に6人くらいの班で協力して課題に取り組む授業があり、そこですぐに友達ができました。先生との距離も近くて話しやすかったので、「ここならやっていけそうだ」と思い、その日のうちに高校への入学を決めました。
    中央高等学院に入ってからも、授業でわからないところを先生に聞いても上から言ってくる感じがなくて、友達と話しているような感覚で話せます。おかげで中学生のときに抱いていた先生に対しての苦手意識もすっかりなくなりました。
    友達もたくさんできました。大人数で遊ぶことが初めてだったので、放課後にみんなでおしゃべりしたり、池袋の街を歩いたりするのがとても新鮮で楽しいです。今は「友達がいるから学校へ行こう」と思えます。

  • 学校や先生からどのようなサポートがありますか。

    中学校の勉強が丸々抜けてしまっているので、高校の勉強についていけるか不安でしたが、教科ごとのレベル別クラスで、中1の復習からやってくれるので、勉強の遅れは取り戻せています。
    今はオンライン授業が中心ですが、動画でわかりやすく解説してくれているし、わからないところは電話や登校した時などにいつでも先生に聞けるので心配はないです。先生が週1回くらい「授業でわからないところある?」と電話をかけてきてくれるので、質問もしやすいです。

  • この学校で新しく始めたことや、将来の夢はありますか。

    この学校に入ってからは「やりたいことにどんどん挑戦しよう!」と、とても前向きな気持ちです。
    そのひとつがボクシング。父親が格闘技好きでテレビでよく観ていた影響で、僕も「かっこいいな」と思うようになり、ジムに見学に行ってすぐに入会を決めました。学校と両立しながら、高校在学中にプロになることを目指して 日々練習しています。
    あと、先生の紹介で出会った友達とバンドを結成しようと思っています。今は放課後にスタジオでドラムの練習に励んでいて、いつか人前で演奏をしてみたいと思っています。