先生全員紹介

河野 英子

河野 英子先生

EIKO KONO

校舎 池袋校

担当 大学入試コース

出身地 福岡県

趣味・特技 打楽器全般、映画鑑賞

座右の銘 明けない夜はない

こんな高校生でした!

片道90分の、山の上にある高校にぎりぎりの成績でもぐりこみました。国語以外の成績はぼろぼろで、それでもやめなかったのは、友達がいたからだと思います。卒業式の日、友達の前で、もらった卒業証書を手に「半分はあなたにあげたいくらいだよー」と(本当は福岡弁で)言ったら「そんなもんいらん!」と一喝され、そのありがたさに泣けました。友達に支えられた、三年間でした。

先生になった理由・きっかけ

小学一年生のとき、頭痛に苦しんでいた先生が、一番前の席に座っていた私にほんの少し手伝いをさせました。終わると先生は、「とても助かったよ。」とほめてくれ、その日わたしは先生になろうと決めました。中学、高校、大学と、理由は様々に変わっていきましたが、なりたい気持ちは消えず、今に至ります。

私の教育理念

自分の心をのびのびと育てたうえで、広い視野を持った人になってほしいと思っています。そのために、担当教科の国語を通し、「自分の思いを過不足なく表現できる力」「他人の考えを聞き取り、読み取り、コミュニケーションしていく力」がつけられるよう、日々授業しています。世の中にはいろんな考えを持った人がいて、自分の考えも日々変わっていくでしょうから、それをとらまえて表現していくことは、自分の人生を間違いなく豊かなものにしてくれます。

学校探しをしているあなたへのメッセージ

今の悩みや苦しみは、必ずいつか消えます。そしてそれが自分の強みになる日がきっときます。 学院には、あなたの話を、「話」になる前のもやもやを聞いてくれるスタッフが大勢います。 向かい合ってまじめに話さなくてもいい、雑談しているうちに自分の考えに気づいたり、 友達の話にはっとさせられたり、疲れて固まった心を、風通しよくしてくれますよ。 一日一日がそんな発見の連続です。いつでも、来て下さい。