先生全員紹介

米澤 廣一郎

米澤 廣一郎先生

KOICHIRO YONEZAWA

校舎 吉祥寺本校

担当 入学相談室統括

出身地 東京都

趣味・特技 音楽・映画鑑賞

座右の銘 やってやれないことはない! やらずにできるはずがない!

こんな高校生でした!

高校生活と言ったら友人と遊ぶことばかりでした。当時バンドブームで学園祭にむけコピーバンドを組み練習三昧。 放課後はみんなでカラオケ・ボーリングとその当時流行っていたことはすべてやったような気がします。現在のようにカラオケBOXはほとんど無くゲームセンターにあり、一曲100円で歌えたので何時間も歌えなかった思い出があります。曲入力を間違えると大変でしたね。突然演歌が流れたりと・・・高校生にとっての100円は大きかったです。 勉強は・・・・・卒業出来たので…

先生になった理由・きっかけ

学生時代悩むことはよくありました。その時相談するにも大人の目線でわかってもらえず、よく先生と揉め学校を辞めたいと悩みました。ある時、担任の先生に言われたのが、「あなたの言いたいことはわかるけど、今は理解出来なくても良いからまずは卒業証書をもらうために学校へ来なさい。何年後かに分かってくれればいい」と言われました。今思うと本当に生意気だったと今では思います、先生が話してくれた事は数年後には理解が出来ました。 但し、その当時では理解出来るわけでもありません。経験・社会の厳しさ等知らない高校生にとっては何も伝わりませんでした。高校生の悩みは大人にとっては小さいことかも知れません。でも高校生にとっては大きな事です。私はそういった悩み将来に不安を持っている生徒の目線で接していきたいと思い中央高等学院に来ました。

私の教育理念

私の座右の銘でも紹介している言葉です。「与えられて行う事」と「自ら行うこと」は大きく人生の上で変わるかと思います。私自身学生時代やる前から出来るわけがないとチャレンジせず出来ることだけを行っておりました。座右の銘の言葉を聞いたとき今までの私の行ないが情けなくなり、「やるだけやってみよう!」と気になる事は何でもやってきました。それにより失敗や成功と今までの経験以上に大きな経験ができ今日があると思います。 中央高等学院に入学してくる皆さんにもまずはチャレンジしてもらい、出来るだけのサポートをしたいと思います。努力をした後につかむ目標は掛け替えのない財産になる事でしょう。

学校探しをしているあなたへのメッセージ

楽しく学校生活を送りたいと思うのは当たり前です。楽しく生活を送るのには居場所が必要です。中央高等学院はそんな皆さんにあった居場所があります。また、卒業だけを目的とせず、進学・就職といった卒業後に進むべき道を共に探します。高校生活を楽しむことにより将来が見えてきますよ。一度見学に来てみてください。