先生全員紹介

高祖 美奈

高祖 美奈先生

MINA KOSO

校舎 吉祥寺本校

担当 教頭

出身地 兵庫県

趣味・特技 バレエ・弓道・読書・芸術鑑賞・植物を育てること

座右の銘 人生は、嵐が過ぎるのを待つものではない。雨の中でも踊れるようになることなのです。

こんな高校生でした!

3歳からバレエを、15歳からは並行して日本舞踊を始めたので、踊ってばかりの高校時代でした。特にバレエはかなり本格的にやっていたので毎日のようにレッスンがあり、リハーサルや公演等で学校を早退・欠席することも多く、小学校から高校まで一度も学校になじめませんでした。ただ、一般的な学校生活というものになじめなかっただけで、母校で受けた教育やその理念に対してはいまだに大変感謝しています。 気の合う友達がいないときは一人でいるタイプだったので、いつも図書室に通って本を読んでいました。国内外の古典作品、推理小説、純文学、なんでも読み、読んだ本からさらに樹状に興味が広がっていくので、学校にいるときはいつも読書をしていました。

中央高等学院に就職した理由・きっかけ

最初は学校が苦手だったので教員は目指していませんでした。古典作品や歴史が好きだったので中世文学を研究していたのですが、そこで指導教授に「教員免許を取りなさい」と言われて深く考えずに教員免許を取りました。 そのうちに、古典作品に携われる仕事をして古典の面白さを伝えたいと思うようになったこと、大学から始めた弓道を部活動で教えたかったこと、子どもが大好きだったことなどから教員になりました。

仕事をするうえで大事にしていること

強靭な知性を身に着けてもらいたいと考えています。 いい大学を出ればそこそこいい人生になるという時代は終わったように思います。どんな局面においても自分で活路を見出せる人間になると人生は楽しいのではないでしょうか。その時にやはり強靭な知性が必要になると思いますので、そういったことを育成していくことを意識しています。

学校探しをしているあなたへのメッセージ

世間の価値基準は無視して、自分の人生は自分流でいいのだという意識で学校を選んでみてください。その時に、毎日の服装を含め、スケジュールなど自分でいろいろなことを決めていける自由さのある学校を選ぶといいと思います。中央高等学院の自由さは自分を確立するのにいい環境だと思うので、ぜひ一度見学しに来てください。