先生全員紹介

日髙 紗瑛梨

日髙 紗瑛梨先生

SAERI HIDAKA

校舎 吉祥寺本校

担当 通信制高校サポートコース

出身地 東京都

趣味・特技 楽器演奏(ピアノ・ドラム)、映画鑑賞、旅行

座右の銘 君らしくいよう。君らしいことを誰も間違いだなんて言えないのさ。

こんな高校生でした!

部活に委員会に、勉強と忙しい3年間だったことを覚えています。部活は吹奏楽部に所属し、打楽器を極めていました。コンクールに出たりする部活ではなかったので、夏休みは学校に泊まって、銭湯に行って、軽く練習して、家庭科室でご飯を作って…といったゆるい合宿をしていました。ただ、12月は地域のコンサートが多く、テスト期間もクリスマスも部活で過労死寸前だったと思います。(笑) 委員会は3年間、風紀委員に入っていました。ただ、風紀委員の先生がめちゃくちゃ怖くて、いつも辞めたいと思っていましたが、3年間務めたおかげで強いメンタルを手に入れることができました。 勉強は、試験の順位が教室に張り出される学校だったので、恥をかかないためにという目的でしていました。勉強の楽しさは高校生の時は知りませんでした。

先生になった理由・きっかけ

私が先生という仕事に興味を持ったのは、学園ドラマの影響ですが、真剣に考え始めたと思ったのは、大学で教育学の勉強をしたり、学生時代のアルバイトで学童の先生をしたりといった経験の中で、人の成長に関われる仕事の良さを知ったからです。特に、高校生は子どもから大人という段階に上がる大事な時期だと思います。私は、その時期にたくさんの良い大人に出会って、今があると思うので、その恩返しとして、今度は私がサポートする側になりたいと思うようになりました。

私の教育理念

私は、広い視野を持った人になってほしいと思っています。皆さんは、なぜ国語を学ぶのかについて考えたことはありますか?私は国語を学ぶ意味として、語彙力というものが生活するうえで必要だからだと考えています。ここで私が言いたい語彙力というのは、言葉の知識だけではなく、言葉の持つ力のことです。生きている中で、言葉を使わない人はいないと思います。国語の授業ではたくさんの文章(古文、漢文、現代文)を読んでいきます。その活動の中で、世の中にはいろんな考えを持った人がいることを知り、自分の考えと交えることで、自分の中の視野が広がると思います。たくさんの人の考え方に触れることで人生がより豊かになるように、を大切に私は国語の授業をしたいと思います。

学校探しをしているあなたへのメッセージ

人生には様々な選択肢があっていいと思います。人の人生には何が正解だという解答が存在しません。それを決めるのは自分だからです。もし、今、何かを変えたいと思っているなら、一度足を運んでみませんか? ここの学校で、いろんな人との出会いがきっとあなたに何かをもたらしてくれると思います。 まずは、ここまで読んでくれたあなたに感謝します。いつでも見学にきてください。